認知症と家電製品

本日は、母の思い出が詰まった、たっぷり電気を消費する、大きな冷蔵庫から、小さな冷蔵庫に乗り換える日。母の暮らしには大きすぎてロクに使ってない。それなのに電気は大量に消費する。何度話しても数時間後には無くなってしまう母の記憶と闘いながら、「今のままで十分」という母を説得して来た。

リモコン型のLED照明が使えなくなったので、紐をひく形のLED照明に換え、テレビとビデオの連動ができなくなったので、大きなテレビをそれだけで見られる小さなテレビに換え、冷蔵庫へと進んできた。小さな冷蔵庫が到着するのは14時半~16時半。前回、姉が台所を整理した時には「勝手にやって!」と気分を害して家出してしまうという前例もある。今回は家族総出でそうならないような体制を組む。

朝食後、母に冷蔵庫のことを伝えてみる。すると「じゃ掃除しなきゃ」とバリバリと動き始めた。全くの想定外だった。

音楽を聴いて冷蔵庫が到着するまでリラックス

午前中たっぷりと働いて気づくと12時を過ぎていた。時間がないので今日はカップ麺で過ごす。食事をする居間で母のカセットが見つかったのでランチ後の音楽セラピーしてみる。ポカポカの縁側でカイマナヒラ♪

この曲は本当に流行っよと口ずさむ母。他はほぼ演歌だ。

2017-02-12-13-06-17

母のカセットテープのなかには5分に凝縮された物語がたくさん詰まっている。そしてそこにつながる記憶もたくさんあるようだ。そんな記憶をつなぎ止めるためのプレイリストをつくろうと思う。

一緒に過ごした音楽の時間がよかったのか、なんとか機嫌よく小さな冷蔵庫に入れ替えを済ますことができた。これでかなりの省エネになる。

ただ、融けてしまったガリガリ君を「もったいない。私が食べる」と、捨てることだけはできなかった(>_<)。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中