「パートリッジ・ファミリー」のデビッド・キャシディさんが認知症を告白。

David Quattro / CC BY 2.0

ホームドラマ「パートリッジ・ファミリー」で親しまれた歌手で俳優のデビッド・キャシディさん(66歳)が認知症と診断されたことを公表した。

David Cassidy Reveals He Is Battling Dementia: ‘A Part of Me Always Knew This Was Coming’

最近のライブでの混乱ぶりからアルコールを飲んでステージに上がったのではないかと噂されていた。そのために病名の公表に踏み切ったと言われる。

Peopleのインタビューによれば、祖父、母も認知症を発症していたことから、「いつかこんな日が来るのではないか」と感じていたという。

予定していたコンサートツアーをキャンセルし、治療に専念するというキャシディさん。今後は、人生を楽しみ、人を愛し、自分らしく生き抜くことを心がけるという。

他の子役がそうであるように、若い頃にスターになった彼は多くの毀誉褒貶を体験し、薬物中毒、離婚、交通事故など、多くの不運に巻き込まれて来た。

これからはぜひ、おだやかな人生を送ってもらいたい。

ビルボード1位に輝いた「悲しき初恋(I Think I Love You)」。懐かしいパートリッジファミリーの映像から

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中